おひとりさまの勇気と鎧と武器

カメラが味方

おひとりさま花見もカメラがあれば平気

ココロ強い味方になってくれる。

ただ構図を探しながら自分だけの世界に没頭する。

で、見て素敵!と思っても

カメラでキリトルと全然違ってるからほんとに難しい。

ファインダーを覗いて想像し

シャッターを切っては液晶で確認し

思うような写真が撮れるまで撮り続ける。

スポンサーリンク

その場で良くても後から全然ダメだったって事の方が多いんだけど

逆にドーモナイワーと思っていたものが現像してみたらwao!なんて事もある。

上の写真もそう。

大丈夫かな?しだれ桜難しいなーー。

と思いながら半信半疑の写真だったけど

今日イチで好きな写真に仕上がった。

繊細な細い花柄から濃いピンクのがくの所が可愛いし

透けそうなほどの薄桃の花びらがあっちこっち向いて

ゆらっと垂れ下がる様がまことに好き。

そして、下の写真は枝垂れた先に丸くて優しい花玉と

どうもない細枝が光ってて好き。

そんな真剣勝負のような事を密かにしている人は

逆に花見を悠長にしている場合ではない。

もしかしたら傍から見ると鬼気迫る様子に引かれているかもしれない。

それすら気にならないわたしの味方が

愛するダメんずPENTAXと

妹分のじゃじゃ馬FUJICA

タイトルにおひとりさまの勇気と鎧と武器って書いたけど

それは、おひとりさまでいることへの勇気であり鎧であり武器であって

時々、一人でいるお仲間に声をかけたくなったりもするんだけど

そういう勇気にはなり得ない。

それは人柄かな。

もう少しだけ外交的になれたらと思う。

今日は水彩画を描いてる人に

『お手元撮らせてくださいな』

とお願いしてみようろ行ったり来たり…

結局、勇気は出ずウロウロしている怪しげな人で終わった涙

撮りたかったなー。

イーゼルやら 筆先やら 描き途中の淡いタッチやら パレットの絵の具やらを

残念ながら朱色のベレー帽ではなかったけど

そしたら完璧だったな。あのおじさん。

思い返せば思い返すほど悔やまれる。

location:長野県小布施町 小布施橋河川敷

スポンサーリンク
ひっそり参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする