フィルムカメラに恋してる

FUJICA ST801

40数年前のオールドカメラ

富士フィルムのかつてのカメラブランドが出していた『FUJICA』

わたしの所にお嫁にきて7か月

素朴で子供が絵に描くような姿形が大好き!

同じモデルでブラックだけのタイプもあるけど

わたしのFUJICAはシルバーとツートン それも好き!

最初はフィルムの入れ方も分からなきゃ

ピントの合わせ方も分からない。

オートフォーカスのフィルムカメラと

写ルンですは使ったことがあったけど

全部自分でやらなきゃいけないカメラは初めて。

ネットで使い方検索したり

大好きなクラシックカメラ専門店『山本写真機店』さんのお世話になったりして

だいぶ写せるようになってきた。

スポンサーリンク

FUJICA 初心者 こんな感じで撮れてます

一本目のフィルムはオマケでついてきた『富士フィルム業務用ISO100』

これはフィルムの入れ方がなっていなくて

ネット現像のカメラ屋さんから『露光していませんでした。』

のコメントと共に返ってきて撃沈。

二本目も練習用として同じ業務用で。

手さぐりで撮っていた写真達。

ついてた50mm f1.8の単焦点のレンズも楽しくて嬉しくて

訳もなく撮っている…苦笑

おばあちゃんのライフワークのキューピーとダルマの並びが昭和。

その後フィルムを ISO400にしたらどうなんだろ?

と思って使ってみた

FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー SUPERIA X-TRA 400

ちょうど桜の時期だった

ISOとシャッタースピードと露出のバランスが難しい。

せっかくf値が小さいレンズだから解放近くで撮りたい。

でも、屋外で晴天環境でISOが400だと

シャッタースピードをかなりあげないと露出オーバー

FUJICAのシャッタースピードは2000まで。

でもね、だいぶご老体だから2000はキツイかなと思って。

その下の1000までしかあげたくない…

そうするとf値を大きくしなきゃで悲しい。

好きなクローズアップより不得意な遠景を撮ってみるけどトキメカナイのです。

フィルム写真に向いている被写体


デジイチと一緒にFUJICAも持って同じような被写体を撮って気づいた事。

デジイチで撮りたい被写体とフィルムカメラで撮りたい被写体が違う。

完全に個人的な好みだけど

デジイチは簡単な分オールマイティーに何でも撮れる。

フィルムカメラはわたしに技術がない分、自然ぽい物が難しい。

ピントがどこなのか?

なにを撮りたいのか?全くわからない。

唯一の収穫は玉ボケか?

自然ぽくても

なにか人工的な物が入ってる被写体を撮りたい。

テーマが分かりやすい。

でも今のところISO400のフィルムを撮るには

一番ベストで撮りやすいのは薄暗い室内…汗

フィルム選び 何を基準にしたらいい?

なぜこんなにISOで悩むのか?

フィルムカメラはフィルムでISOが決まっちゃうから

一本終わるまで変えられない。

欲張って36枚撮りにして

一枚一枚を慎重に撮ろうと思うと一日に終わらない事もあるし

一日の中で屋外だったり室内だったりロケーションが変わる事もある。

そうすると、デジイチのように簡単にISOの設定変えて~

シャッタースピードもあげて~

f値は解放で固定ね~

ってわけにはいかない。

自分がどんな雰囲気の写真が撮りたいか

どんなロケーションで撮る事が多いのか

やっぱりわたしの場合、f値を解放近辺にしたいから

ISOは100のフィルムがいいのかなーーー。

次のフィルム選びに真剣になりますわ。

スポンサーリンク